« 秋の空も結構いいかもね | Main | 雄大な大地?! »

赤い蝋燭と人魚の街

海辺のとある町に あったんですよ。こんな碑が。

ninngyo.jpg

読んだ方なら きっとわかるよね。
悲しい 辛い話です。でも 何度も、何度も読みたくなる。

赤い蝋燭と人魚 (小川未明)

小川未明さんは 新潟出身だけど この土地の出身ではなかったとは思いますが この辺の海を見ながら インスパイアされたのだろうか?
確かに 海って見てると なにか、体の底の方から出てくるものがあるような気がするよねぇ。

因みに 場所はここです。

|

« 秋の空も結構いいかもね | Main | 雄大な大地?! »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。TBありがとうございます!
こんな碑が実在するなんて初めて知りました。
背景の殺風景そうな風景も、なにか物語の背景と
通ずるものがあるような気がして見えてきてしまいます。
「赤い蝋燭と人魚」は悲しいけれど、美しくて魅力的な
お話ですよね。とか書いてたらまた読み返したくなってきました。

Posted by: manamizw | October 13, 2004 at 03:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47654/1643269

Listed below are links to weblogs that reference 赤い蝋燭と人魚の街:

» 悲しい、でも美しい [befounddead]
赤い蝋燭と人魚 /文 小川未明 絵 酒井駒子 絵本ラヴ☆な私は酒井駒子って『よるくま』とかでしか知らなかったんだけど、ある日本屋で瞬時に恋に落ちた(またまた。... [Read More]

Tracked on October 13, 2004 at 03:50 AM

« 秋の空も結構いいかもね | Main | 雄大な大地?! »